自宅に太陽光発電を導入するとき契約前に知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来月自宅の屋根に太陽光発電を設置します。いろいろ調べたなかで、これから設置を検討している人が契約前に知っておいた方が良さそうなことを書きました。

私が気がついたのは、

1.初期投資に200万円程度はかかる。回収に10年はかかると思っておかないといけない。
2.地域によっては補助金が終了していて全額自己負担。(※ただし太陽光発電の価格も数年前より下がってはいる)
3.日照条件が前提が変わると発電量が落ちる。突然大きな建物が立つと悲しい。
4.数年に1回は有償のメンテナンスが必要。メーカーよるが1回数万円はかかる。
5.何らかの事情で撤去しなければいけないときには撤去費品が15万円程度はかかる。

といったところです。そして最重要なのは当初の見積りでこのような懸念されるリスクも丁寧に説明してくれる業者を選ぶことです。

太陽光発電は価格的に車を買うようなもので設置後のメンテナンス等で設置業者とは長期に渡るお付き合いになります。車のディーラーをいくつか回るように何社かから見積りをとるのが必須でしょう。その中から信頼できるところを見つけてください。私の場合は太陽光発電の一括見積りサイトのタイナビを利用しました。

ちょうど私の場合は室内のリフォームともタイミングが重ねて太陽光発電を導入することにしました。幸運にも全国的にみても日照量が多い地域ということと、地域独自の補助を使えたこと、災害時の停電に備えることが決めてでした。

脱線しました…。

私が依頼した業者の方が言うには太陽光発電は個別の設置条件によっても考慮すべきことが違うようなので本当に納得できるまで契約しないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加